HOME>生産取扱商品>防音装置
生産・工場設備
― 空気源設備 ―
 空気圧縮機
 エアドライヤー
空気槽
ドレン処理装置
ラインフィルター
― 荷役・搬送設備 ―
ロープホイスト
モートルブロック
クレーンサドル
クレーン
― 給排水換気設備 ―
ポンプ・給水ユニット
換気扇
送風機
― FAシステム ―
IJP
自動倉庫
― 空調設備 ―
(環境関連商品ページへ)
エアコン
GHP
チラーユニット
C/R設備
電源・電設
― 受変電設備 ―
特別高圧受電設備
高圧受電設備
トランス
コンデンサ
― 電源設備 ―
UPS
非常用発電機
太陽光発電
― 照明設備 ―
LED
メタセラム
制御・監視システム
― 制御 ―
モータ・ギヤモータ
INV
PLC
制御盤
― 監視 ―
入退室管理システム
指静脈認証応用システム
IJPマーキングシステム
トレサビリティ
H−NET
(配電・ユーティリティ監視システム)
低圧絶縁監視システム
受変電用絶縁監視装置
環境改善設備
リークディテクター
シートシャッター
遮熱塗装
防振装置
防音装置
緊急地震速報対応システム


      ・どの設備が影響しているのかわからない。
      ・どれくらい騒音を低減すべきかわからない。
      ・色々対策したが効果がない。
      ・どこから対策をたてればよいのかわからない。
 ■騒音調査・測定データ分析
現状の設備における騒音の発生状況を専門のエンジニアが詳細に調査いたします。簡単な
設備については騒音測定だけで対策案を立案することも可能です。

騒音調査 → 測定データ解析 騒音対策案検討・効果予測
・残 量 時 間   → 吸音率推定
 ・距 離 減 衰   → 音響パワー推定
 ・内外レベル差 → 透過損失推定
 ・周 波 分 析   → 主音源推定
                  暗騒音推定
 ■シュミレーションモデル化 
騒音予測シュミレーション

対象物をモデル化して騒音予測シュミレーションを行います。音源や遮へい物・計算対象
に応じてワークステーションやスーパーコンピューターを用いて計算を行います。また設定
したシュミレーションモデルが正しいことを確認するため、現状設備における受音点実測デ
ータと予測結果が一致するよう整合性の検討を行います。
 ■影響度分析・主音源探査
騒音予測シュミレーションの結果により、対策対象地点における各音源機器の影響度分析
を行い、主音源のリストアップを行います。
 ■騒音対策案検討・効果予測
主音源として抽出された機器・設備に対してどのような対策が有効かを検討します。この際、
対策対象となる機器の操作性や保守の容易さなどを考慮しながら対策案を検討することに
なります。防音カバーや防音壁など種々の対策案について事前に効果を予測し、経済的か
つ有効な騒音対策案を検討できるのかが騒音予測シュミレーションの最大特長です。

 ■現地調査・事前測定
問題となる対象物を測定し現地の状況を確認します。
 ■設 計
対策対象となる機器の操作性や保守の容易さなどを考慮しながら設計いたします。
 ■製 作
ご発注後、仕様書・製作図を元に打合せをさせていただき仕様を決定いたします。
設計されたせい作図に基づき 製作・組立・塗装を行います。
 ■施 工
施工後、騒音測定を行い報告書を提出いたします。

・減量音に応じて標準仕様のパネル構造を用いてカスタマイズします。
・ボルト締結方式で組立や解体が容易な構造です。
・騒音シュミレーションを行いますので最適なシステムをご提案します。
・粉塵・オイルミスト対策や搬送ラインの組込が可能です。
・階段・梯子・デッキ等付帯設備や自動ドア(シャッターなど)安全装置の組込も可能です。




▲ページの先頭へ





Copyright(c)1998.All rights reserved by FUYO,