HOME>生産取扱商品>防振装置
生産・工場設備
― 空気源設備 ―
 空気圧縮機
 エアドライヤー
空気槽
ドレン処理装置
ラインフィルター
― 荷役・搬送設備 ―
ロープホイスト
モートルブロック
クレーンサドル
クレーン
― 給排水換気設備 ―
ポンプ・給水ユニット
換気扇
送風機
― FAシステム ―
IJP
自動倉庫
― 空調設備 ―
(環境関連商品ページへ)
エアコン
GHP
チラーユニット
C/R設備
電源・電設
― 受変電設備 ―
特別高圧受電設備
高圧受電設備
トランス
コンデンサ
― 電源設備 ―
UPS
非常用発電機
太陽光発電
― 照明設備 ―
LED
メタセラム
制御・監視システム
― 制御 ―
モータ・ギヤモータ
INV
PLC
制御盤
― 監視 ―
入退室管理システム
指静脈認証応用システム
IJPマーキングシステム
トレサビリティ
H−NET
(配電・ユーティリティ監視システム)
低圧絶縁監視システム
受変電用絶縁監視装置
環境改善設備
リークディテクター
シートシャッター
遮熱塗装
防振装置
防音装置
緊急地震速報対応システム


■OS式防振装置 特許機器株式会社
OS式防振装置
【特長】
  建物の快適環境を語る時、設備機械の振動を無視する
  ことはできません。オフィスビルから工場、住宅、商業設
  備、文化施設といったいろいろな建物の用途で求められ
  る環境は異なります。OS式防振装置は設備機械の振
  動を遮断し、目的に応じた快適空間を創出します。

■防振ユニット 特許機器株式会社
防振ユニット
【特長】
  設備機器の振動対策は本体の防振だけにとどまりま
  せん。水や風を送る配管やダクトなどは、振動する機
  械に接続されており、それは機械の振動を広く伝搬さ
  せる媒体になるからです。また、配管やダクト自身でも
  脈動等の振動を発生する加振源なのです。
 

■床防振 特許機器株式会社
床防振
【特長】
  PSブロックは、超高発砲ポリスチレンフォームと特殊
  な防振ゴムの組み合わせで、水に強い優れた防振性能
  を実現した新しい材料です。またその工法は簡単で、
  従来の工事を短縮する事を可能にします。する加振源
  なのです。 

■免振展示台 特許機器株式会社
免振展示台
【特長】
  免震技術は、例えばビルや床を柔らかいゴムブロック
  の上に載せて、地盤の動きを逃がしてしまうのです。
  精密に地盤の動きを伝えない免震機構。
  多点ローラベアリングによるXY免震支承[PAT.P]です。
  円弧状のレールを多点ローラが転がることで、搭載重量
  に関係なく周期6秒、摩擦係数0.003という驚異の性能を
  実現したのです。
■免振配管システム 特許機器株式会社
免振配管システム
【特長】
  基礎免震によって建物そのものの被害を軽減できたと
  しても、ライフラインである設備配管が破壊すれば建物
  の機能を失うことにつながります。このような自体を回
  避するには、設備配管にも大きな変位を吸収する免震
  配管工法の採用が必要です。
  地震から設備配管を守るための独自の免震配管工法と
  して、OS式免震配管システムを開発しました。

■アクティブ除振ユニット 特許機器株式会社
アクティブ除振ユニット
【特長】
  空気圧アクチュエータの採用により、除振性能はもちろ
  ん大出力の確保や位置制御が容易に得ることが可能
  です。サイズは小さくても超高性能に働くには、絶縁、
  制振、復元、操作性それぞれに優れた効果を発揮する
  ことが出来ます。また重量と用途に合わせ、15機種を
  標準で用意しておりますので搭載機器とのマッチングも
  申し分ありません。
■ベンチ型除振台 特許機器株式会社
ベンチ型除振台
【特長】
  光学実験、計測のための専用除振ベンチとして、ハニカ
  ム定盤の剛性と除振技術を結集し、機能性を重視した
  フロートラボベンチBLHを開発。アクティブタイプから汎
  用品まで幅広く品揃えしています。
  光学実験から各種検査、実験までさまざまな場面でご
  使用いただけます。
■パッシブ除振ユニット 特許機器株式会社
パッシブ除振ユニット
【特長】
  従来の振り子理論では1m必要とされた2秒の固有周期
  を、わずか1/10のスペースで実現し、また積層ゴムなど
  の従来手法では実現できない堅い鉛直剛性は、優れた
  異方性を作りだし、除振運動の難問=ロッキング振動を
  抑制して、負荷に依存しない安定した低固有振動除振
  系を実現。

■アクティブ制振装置 特許機器株式会社
アクティブ制御装置
【特長】
  アクティブの制振性能は、1/3〜1/4に振動を抑制。
  パッシブタイプに比べ3〜4倍の性能UPが可能です。
  またシステムの心臓部である制御系にはこのクラス最
  強の小型アクティブ゙制御器を搭載し、実装スペースの
  極小化を実現しており、既存建物への装着も可能な配
  慮がなされています。


▲ページの先頭へ




Copyright(c)1998.All rights reserved by FUYO,